• ほったクリニック

肩こりや腰痛、ひざ痛、肩痛等に対してはハイドロリリース 【新しい注射の治療】 -ほったクリニック 豊中市 岡町駅 徒歩1分


ハイドロリリースとは、筋膜・神経などに生理食塩水に麻酔薬を混ぜた薬液を注入して癒着を剥離(リリース)し、局所の可動性が悪くなった末梢神経に滑走性をつくることで痛みや痺れを軽減する治療法です。


ハイドロリリースの対象となるのは肩の痛みや肩こり、腰痛ですが、

ほかに肘関節痛や膝関節痛、頸部痛、手のしびれなどにも応用されています。

即効性があるので、長年色々な治療をしたが治らない方、今すぐ痛みを治したい方などにおすすめです。

従来行われてきた局所注射では痛み止めや麻酔薬による疼痛軽減を目的にしていたのに対し、ハイドロリリースでは癒着をはがす事による症状軽減が目的であり、使用するのは体の組成に近い生理食塩水とごく少量の麻酔薬であるため、副作用の心配もほとんどありません。




Q1: ハイドロリリースの費用は?

当院では、ハイドロリリースは1か所であればトリガー

注射として保険適用になります。

2カ所目からは、1カ所により1500円の実費がかかります。


Q2:ハイドロリリースに副作用はありますか?

当院では、ビカネイトという点滴に使う補液

(乳酸加リンゲル)と少量の麻酔に使うキシロカインを

加えたものを使用しており、

薬剤による副作用はほとんどないと考えております。

生理食塩水より中性に近く輸液による痛みも、

ほとんど出ないと考えております。


ただし、癒着部を輸液の注入による圧力によって

剥がす(剥離する)ため、注射当日と翌日に

痛みが出る人が、たまにいます。

その場合は、1、2日は鎮痛剤を服用してもらうこともあります。

そういう人も、2日目になればその痛みも取る

その後は快適に過ごせると言う人がほとんどです。


Q3:ハイドロリリースを何か良ければ良いのでしょうか?

人によって違い、また筋膜の癒着具合いによって違いますが、通常3日から2週間くらいは効果が持続するようです。

また、姿勢が原因で起こっている場合や、運動不足が原因の場合は、その原因が改善されなければ

また再発する場合が多いです。

回数についてはケースバイケースで一概には言えません。


また効果がない人については、筋肉が原因でなく

神経が原因である場合は、神経ブロックが必要となる場合もあります。


Q4:ハイドロリリースは痛いのでは?

当院では、ペンレステープと言う麻酔を塗ったテープを

あらかじめ購入してもらい、注射2時間前に持ってきていただければ、皮膚に針を刺す痛みはほとんどありません。


但し、皮下の神経や靭帯に針が当たった場合に

痛みを生じることがあります。

その場合キシロカインと言う局所麻酔薬を追加することがあります。


その他小さなお悩み相談から医院の予約までLINEでも受付しております。

ほったクリニック

電話番号 : 06-6335-7877 所在地 : 〒561-0883 大阪府豊中市岡町南1丁目1番地-10 診療科目 : 整形外科 / ペインクリニック / リハビリテーション科 アクセス : 【電車】阪急宝塚本線 岡町駅徒歩1分 【バス】岡町加島線75「阪急岡町バス停」下車 徒歩1分 ​【高速道路】阪神高速11号池田線「豊中北出入口(IC)」から 980m