top of page
ほったクリニック 理念

私たちは "痛み"を軽減することに特化し

皆様に愛される地域に密着した医療を提供しております。

| 当院の特徴動画
坐骨神経痛   / 手の痺れ 
坐骨神経痛   / 手の痺れ 
肩こり /  腰痛
肩こり /  腰痛
膝の痛み  /  五十肩
膝の痛み  /  五十肩

今まで分からなかった筋肉及び、神経が原因する痛みを
運動器エコー装置での診断後、肩関節注射、神経ブロック、
ハイドロリリース
を中心とした治療で全身の痛みを​和らげます

ご新規の方はネットからのみの予約受付となります。
お知らせ
令和4年10月1日より交通事故の診断および治療を中止します。
01_アポクルバナー_pc_写真_横長.jpg
再診のご予約.jpg
受診相談窓口_Ubie_720_100.png

| ブロック実績

ブロック名称
総回数
直近1年
星状神経節ブロック
4451
2121
腰神経叢ブロック
2818
1275
神経根ブロック
2217
909
トリガー注射 (ハイドロリリースを含む)
917
287
※ 総回数期間 : 令和2年10月14日(当院開院日)〜令和5年2月7日まで
※ 直近1年期間 : 令和4年2月7日〜令和5年2月7日まで

令和2年10月14日の開業以来、令和5年2月7日まで6565施行しました.
事故は1件も発生してません

| 治療紹介

​ハイドロリリース
神経ブロック 整形外科
関節注射
​ハイドロリリース

ハイドロリリース 超音波ガイド下で穿刺を行い、 直接、針の位置を確認しながら、 癒着(ひっついた) した筋膜を 点滴に使う生理食塩水や 乳酸加リンゲルを使い広げる方法で、 薬の副作用はありません。 特に頑固な肩こりや腰痛に対して、有効です。 また筋膜に挟まった神経や血管が解放されるため、 その周辺の痛みやコリが、かなり解消されます。 この治療法を正確にできる医院は、 大阪でも数少ないです。整骨院などで宣伝している 筋膜リリース(はがし)とは、全く違います。 治療効果は直後より実感でき、 長ければ2週間続く方が多いです。

神経ブロック

神経ブロック療法とは、神経や神経の 周辺に局所麻酔薬を注射して、 痛みをなくす方法です。 麻酔薬が神経に作用し、痛みの 伝わる経路をブロックすることで、 痛みを取り除きます。  痛みが緩和されることで血流がよくなり、 筋肉のこわばりもなくなります。 また、痛みを起こしている神経を 遮断することにより痛みが 本当に軽減するかを確認することにより、 その神経が痛みの発生に関与しているか 否かを判定するための 診断的ブロックとしての役割もあります。

関節注射

1.膝関節 特に60歳以上で階段歩行時に膝痛のある方で、 膝軟骨がすり減っている方に対して、 ヒアルロン酸の関節内注射が有効です。 それでも、改善しない方はすぐに手術を進めず、 当院では、再生医療で自分の軟骨の培養を行い再生します。 現在専門の会社と依頼契約が進行中。 この場合は自費になりますが、 民間の医療保険が適用になる場合があります。

2.肩関節 特に五十肩いわゆる肩関節周囲炎に対して有効。 原因する4つの腱があり 超音波で、精密に診断しピンポイントで治療でき、 いままでの関節注射より大幅な効果があります。

治療方法
DSC02167.jpg

〜240もの疾患適応〜

星状神経節ブロック

自律神経失調症最良治療法

それなりにリスクが高く極めて高い技術がある医師のみが可能、 大学病院のペイン科の 医師レベルでは、正確に星状神経節ブロックを打つことは難しく、熟練したペイン科の開業医師をさがすことが重要です。

診察/時間
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日
午前診 / 9時-12時
午後診 / 16時-19時

午前診:9時~12時 
午後診:16時~19時

受付時間;午前診は8時45分から
     午後診は3時45分から



 

​※当院は原則完全予約制となっております。
​お急ぎの方はお電話ください。

※初診の受付は診察終了時間の30分前まで

再診の受付は診察終了前の15分前までとなっております。

休診日:水曜日午後、土曜日、日曜日